2006年11月26日

展示会終了

第6回 遊楽窯 生徒作品展 終了いたしました。
今回は、地元の西日本新聞にて記事にして頂いたおかげもあり、
例年よりも多いお客様に見て頂きました。

生徒作品も、上達してきたのが見にきてくれた方々にも分かるようになり生徒達は、笑顔が耐えない展示会となり終了しました。

来館して頂いたお客様には、ここで感謝するとともに、関係者の皆様お疲れ様でした。
posted by 遊楽窯 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

展示会最後の準備

6回目の陶芸教室生徒作品展に向けての準備で今月はとっても忙しかった!
しかし、生徒の作品は最後の焼成をしてしまったので、もう作陶する事は出来ない。 

陶芸の展示会って、素焼き出来るまでの時間が忙しいけど、窯焚きしたらちょっとだけ時間に余裕が出来ます。しかし、まだ搬入の為の作品の箱詰めに時間が取られそう。あと、展示レイアウトも考えないと・・。 しなければいけない事柄をメモに書いているけど、メモが真っ黒になってしまって何が書いてあるか分からなくなってしまった。小さい頭の中の整理が追いつきません。

毎年、教室展示会準備で体重が落ちてるけど、今年はジムに通って落ちてしまったので、これ以上落ちようがなくなってしまった。

あと5日で展示会! もうちょっとなので気合いを入れて自分を励ます事にしようっと!?!?
posted by 遊楽窯 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

近況報告

最近ブログ更新をサボっていました。 前回の記事から色々とありましたが、今週に前原市商工会とJR前原駅の協力で展示会をする事になりました。
詳細は、一緒に展示会をする方が作ってくれましたので、リンクして省略いたします。

10月の頭に、6年ぶりに実家に帰省してから窯焚きを3回程して今回の展示会の準備。そして、11月の恒例の陶芸教室展示会の準備と大変に忙しくしています。
毎年、この季節は展示会痩せしてしまうので、今年は体力が落ちないようにジムにも通い始めました。

そして今日は、展示会までに行く時間が無いので、ちょっと早いけどインフルエンザの予防接種に行ってきました。 話をしていると、 なんと内科の病院に来たのが約25年ぶりと判明。ちょっと病院が珍しく見えて、なんとなく感動しました。

ん〜、それだけ健康なんでしょうか!?
posted by 遊楽窯 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

シテイ情報ふくおか

シテイ情報ふくおか

シテイ情報ふくおか、 Fukuoka class 9月号 40ページで、ちょびっとだけ当窯が紹介して頂きました。今回の雑誌の内容は糸島特集ですが、この地区でも知らない所がいっぱいあるなと思いました。
posted by 遊楽窯 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

乾燥棚の制作

あまりの暑さに、作品を作っても割れる事が多くなって来た。毎年の夏の事だけど、作品全体が乾くのではなく、一部分が極端に早く乾燥してしまうからだ。 今月は、まだ雨が一回もふらず、湿度もかなり低い。
あまりにも ロスが多いので陶芸意外の仕事に今月は従事しようと決断。

そこで、作った作品を乾燥させる為の棚を制作しました。

今までは、作った物は(柔らかい作品)、ビニール袋に入れたり、発砲スチロールの箱に入れたりして、乾燥の調節をしていましたが、陶芸をしている人なら経験があると思うけど、よくぶつけて変形させてしまう。(私だけ?)

特殊な作り方もするので、白化粧を掛けた後にゆっくり乾燥出来るようにと思い、おもいきって乾燥専用の密閉式の棚を作る事にしました。

外部の気温・湿度に影響されないように、側面に発砲スチロールの断熱材と石膏ボードを使いました。
作品乾燥棚

棚の全体の大きさは、180cm高さ x 90cm横 x 75cm奥行になっていて、中に、40cm x30cmの 板が 奥行きで2枚入るようになっています。ちなみに、工房の板は、全て 40cm x 35cm のサイズにカットしてあります。 これは、窯の棚板と同じ寸法になっている。
窯詰めの時にサイズが同じだと、棚を一目見ただけで、窯の中にどの位の作品が入るのかがイメージしやすくなります。

上部に大物のお皿が入るようにして、左に作ったばかりの柔らかめの作品をいれ、右側に削りに近い固さになった作品を入れる予定です。下部の左右は間仕切りがついてます。乾燥が速いようだったら、水を張ったバケツを入れて湿度を上げれば、乾燥を遅らせる事が出来る(?)予定です。

複雑な作業工程 + あいまいな設計図 だったので、棚が完成するのに随分と時間が掛かったけど、まあまあ満足の出来上がり。
posted by 遊楽窯 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

夏物作品

先日、と言っても2週間前になりますが、駅前ミニギャラリー作品を夏を意識して焼き締めの水差しに変更しました。すっかりブログに書き込むのを忘れていた。
きっとこれも毎日の猛暑のせいだろう。

pitcher131.jpg

今年は暑さに慣れたのか、シーリングファンの効果があるのか、それ程暑いという感覚がなく比較的快適な夏のような気がする。
posted by 遊楽窯 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 前原駅ミニギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

拾い物

今朝、工房への入り口のドアに手をかけたら、何か黒い物体が足元を動くのを発見。 何かなあ〜! と覗いてみると カブトムシでした。
思わず捕獲。
kabutomushi.jpg

この辺は田舎だな〜 と実感。
他には、イタチ、狸、猪、野うさぎ等が居ます。
猿だけはいないので助かります。

去年もカブトムシは道に転がっていたけど、クワガタのオスは何故かまだ見た事がない。

カブトムシは、知り合いの方の甥に飼われる事になりました。
posted by 遊楽窯 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

夏対策

先日、ギャラリーに納品に行った帰り道で、安売り家電店へ寄ると、
今年こそは設置しようと計画していたシーリングファンが、在庫限りで特売していました。
これは、と思い早速購入。 
工房は、天井が高いので設置の高さをどうしようかと、いろいろ悩みながら、H鋼に足場用のパイプと台座を溶接して、少し低い位置に設置する事に。
ちなみに、パイプも長さは90cmです。黒のペンキで塗っていると、少しかっこ良くなりました。
丁度、取り付け位置にあった蛍光灯がインバーターが壊れかけて不安定になっていたので取り外しました。
シーリングファン設置


早速回してみました。見た目は涼しげですが、どのくらいの冷却効果があるかは不明です。 家庭用の大きさのサイズだったからね。 まあ、羽の部分を改造して長くすればもっと効果があるかも? 
しばらく、様子を見てから検討してみます。
posted by 遊楽窯 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

先日の窯焚きで・・・

先週の月曜日に窯焚きした時の事です。

その@

灯油ロータリーバーナーで焚いていた時に、工房の片付けをしていました。
工具が散らかっていたので、所定の位置にしまう為にバーナーの横を通りかかった時、思わず手が滑って金槌をバーナーの上に落としてしまった。

あ・・・・・。

ぐら っとバーナーが動く・・・。

そして前後に小刻みな振動・・・。

全身から冷や汗が吹き出てきました・・・。


800度位の時だったので、炎の長さは1m位のはずです。ロータリーバーナーは、所定の位置においてあるだけで、固定されてません。
もし、バーナーが倒れたらと思うと今でも冷や汗が出てきます。
本当に、命拾いしました。

そのA

数日後に、窯の温度が下がり窯出しをすると・・・。

最後の作品を出して見ると、何となく棚板が 1、2mm程ゆがんでいるような気がする。 
あ〜あ、また棚板が歪んだと思っていたら、実は棚板に大きなヒビ割れが入っていました。 棚板をちょっと持ち上げたら割れてしまった。
最下段の棚板だったので、完全に割れていたらと思うと、また冷や汗・・・。
きっと、作品が全滅していたでしょうね。

こんな私は、運が良いのか、悪いのか?
でも、神様仏様ありがとう という気分です。
posted by 遊楽窯 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

展示会終了しました。

ギャラリー花うさぎでの展示会が終了いたしました。
ご来店いただきありがとうございました。
そして、花うさぎ さん、お疲れ様でした。

今回は、ワールドカップと同時に展示会だったので、
展示会前の準備の疲れと、サッカーのテレビ観戦の為の寝不足
と、とても体力のいる展示会になりました。

でも、何故、ジダンは頭突きをしたんだろうか?

P.S. シンポ製のRK-2X型 中古電動ロクロが、花うさぎさんで委託販売されています。価格は、4万8千円。見た目は、それ程の使用感無し。美品でした。
体の体調を崩された方からの依頼で販売されていますので、お求めの方は、ギャラリー花うさぎさんに、お問い合わせ下さい。
posted by 遊楽窯 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。