2008年01月27日

田舎者が天神へ

3月末からの展示会の会場の下見に行ってきました。一緒に展示会をする北村さんと正午に待ち合わせ。

天神に行くのは、ものすごい久しぶり。
ちょっと迷いながら、なんとか会場へ。二人で会場を見ながら、どこに何を置こうかと昼食をしながら相談してきました。

思ったより広いような、狭いような・・・。
会場のイメージに合わせて、少し大きめの作品も作ろうと計画してます。

その後、予定していた福岡市美術館へ安宅コレクションの展示会を見に行ってきました。 韓国・中国陶磁器が主に陳列展示されてましたが、思ったより数が多く、一つ一つじっくりと見てたら、疲れ果ててしまった。

中でも、とっても楽しみだった宋時代の作品のコレクション。

しかし・・・。

ライトの影響だと思いますが、色合いが以前見た時と比べて違うような・・。
緑色の青磁が暗めのオリーブグリーン色になっていたのが残念です。あれが本来の色なのか?疑問です。

私も、以前は青磁を作ってましたが、会場によって、あまりにも色合いが違うため、公募展に青磁を出すのを止めた事があります。

作者が意図した色合いと違い、自分の作品とは信じたくなかった思い出があります。

安宅コレクションは、2月17日まで。
お近くの方は、見る価値は十分にあり、ぜひ出かけて見て下さい。
posted by 遊楽窯 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。