2008年07月20日

ガス窯→灯油窯へ改造

kiln_fix1.jpgkiln_fix2.jpg
現在ある小さいガス窯を、この頃の燃料高騰に対抗する為に灯油窯に作りなおしました。
背面の煙道の部分を取り崩して、行って来い窯の形式に作り直しました。(燃焼室が窯の底面にあります。)

本当はこれだけの作業で終わる予定だったのが、良く見るとアーチ部分の煉瓦もぼろぼろになっていたので、ついでに作り直しをする事に。まあ、かなり耐用回数の越えている窯なんで。

これ作業が随分と時間がかかってしまいました。
アーチの型枠を作って、煉瓦を一個づつ手で削りました。

修理の為の総煉瓦数、60個です。ちょっと予算オーバーですが、少しでもランニングコストが減ってくれればと、かすかな期待をしてます。
窯の内容量が小さくなちゃったので、もしかしたら後日レンガを付け足して高くするかもしれませんが・・・。

うまく窯焚き出来たら、主に素焼きと試験的な焼成に使おうかと思っています。
posted by 遊楽窯 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。